Archive for 6月, 2020

造り付けカップボード

6月
14

キッチンにカップボードの存在は欠かせません。我が家はそのカップボードをキッチンスペースに合わせて造りつけてもらいました。

床から天井近くにまで広がるカップボードは扉3枚分の横幅があり、収納力に優れています。キッチンでは収納しておきたいものが多いだけに収納力のあるカップボードがあると、キッチンスペースに物が溢れにくくキッチン内を移動しやすく、家事のしやすさに繋がるのです。

隙間がないことで掃除もしやすく、デッドスペースを生まないので収納への不満も出てきにくいのです。キッチン振り返ると一面に必要な物が取り揃えられているので、物を把握しやすく、また出し入れもしやすいのです。カップボードの全面にはすりガラスの引き戸が設けられています。すりガラスなので、収納している物を隠しながらもキッチンに明るさを通してくれるので全て閉め切ってもキッチンが閉鎖的な印象になることもありません。

扉一枚分はキッチンパントリーとして利用しています。乾物、レトルト食品、ジューズ、お菓子、下部には30㌔のお米の袋までスッポリと収められています。そして、その隣の扉一枚分には、食器が収納されています。普段使いするものからお客様用のものまでここにまとめて整理できていますし、お弁当箱やタッパーなどもここに収められています。そして、隣の扉一枚分にはキッチン家電を収納しています。炊飯器や電子レンジはもちろん、フードプロセッサーやミキサーたこ焼き器やホットプレートなどキッチン家電がスッポリと収められています。キッチンで家事をする時には扉をフルオープンにして、物を出し入れしやすく、家事をしない時や来客時には扉を閉め切って生活感を払拭します。

キッチンの居心地の良さを左右するだけにカップボード計画をしっかり立てるのも大切なのです。

造り付けカップボード はコメントを受け付けていません。