Archive for 9月, 2020

工務店について

9月
26

工務店と聞くと会社規模が小さいことから欠陥住宅なのでは!?といった不安を持たれてしまいがちです。

また、広告費の不足から情報発信の手段のほとんどが手づくりのホームページやブログ、パンフレットであり説明不足のためどのような家ができあがるかというイメージがしにくいということがあります。しかし、ハウスメーカーのような大量生産のいえつくりではなく、建築主の希望や都合を最優先にする一品生産の家造りを行うことができるのです。建築主の要望に丁寧に耳を傾けて手がける一品生産が基本となるため希望が叶いやすいのです。

ただし、素材や工法などに独自のこだわりを持つ会社が多いため、価値観を共有できるかどうかが一つのポイントとなるのです。しかし、変わったデザインにしなくても、建築主の住まいに対するこだわりとその工務店の独自のテイストが現れるため、個性が出やすいのです。また、広告宣伝費やモデルハウス維持管理費などがかからない工務店は、同じ仕様の家ならばハウスメーカーよりも安くつくることができるのです。そして、地域での評判を大切にするため、施工はもちろん引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視してくれるので安心できるのではないでしょうか。契約を行う会社と施工者が同一という点も責任の所在がはっきりとしているので安心です。

家造りを成功させる秘訣は、依頼する業者にかかっていると言っても過言ではありません。それだけにまずは信頼関係を築くことができ、信頼できるパートナーを見つけだし、安心して家造りを進められるように業者選びに注目しておきましょう。

工務店について はコメントを受け付けていません

依頼した工務店

9月
03

 家造りを進めるにはまず、依頼する業者を1社決めなければなりません。

家造りを成功させることができるかどうかは、依頼する業者の存在が大きく影響するだけに、しっかりと見極める必要があります。

我が家が依頼した業者は、地域に密着した工務店です。経験も知識も豊富な業者であったため、常に幅広いプランを展開してくれました。家造りを行った大部分の人が、予算をオーバーしたという失敗談を口にします。しかし、我が家は、限られた予算内で期待以上の住まいを手に入れることができました。これは、常に的確な業者からのアドバイスがあったおかげです。

予算がかさむ提案をしてくる時には同時に節約できるポイントもアドバイスしてくれました。建物についてのアドバイスだけでなく、土地や住宅ローンについてなど住宅に係る全てにおいて相談に乗ってくれました。大きな金額の買い物となる住宅は、後悔や失敗は避けたいものです。それだけに安心して相談できるパートナーを見つけ出すことがポイントでもあるのです。この業者に依頼してよかったと実感したのは、家が完成した時です。引き渡し時に「これでお付き合いが終わったわけではありません。これからが本当のお付き合いと思って、何かあればすぐに連絡ください」という言葉をかけてくれました。アフターメンテナンスの充実は、安心感につながるだけにこの業者と出会えてよかったと感じました。

信頼できるパートナーを見つけ出すことこそが、家造りを成功させる第一歩なのです。

依頼した工務店 はコメントを受け付けていません