Archive for 2月, 2021

リビングにスキップフロア

2月
18

 リビングの床に子ども達のおもちゃが広がっている光景をみると、ついイラっとしてしまい、子ども達に「片付けなさい!」と怒ってしまいがちです。リビングが子ども達のおもちゃなど物で溢れてしまうと一気に生活感で溢れてしまい、居心地の良さが低減してしまいますし、お客様を迎え入れることもできなくなってしまいます。

そこで、リビングをくつろぎスペースと、作業スペースと分けることで、リビングの快適性が確保できるだけでなく、スムーズにお客様に対応できるのです。リビングにスキップフロアを設けます。床に高低差をつけて、小上がりのスキップフロアを設けることで、建具や壁などで仕切らなくても、空間のメリハリが得られ、それぞれの空間に独立性をもたらします。スキップフロアを作業スペースとして利用します。普段は子ども達が遊んだり、勉強するスタディーコーナーとして利用します。親の目がしっかりと行き届くため家事と育児の両立がしやすいですし、子どもにとっても親の顔が見えることで安心して遊びに集中できます。

思い切って遊べるスペースがリビングの一角にあると嬉しいものです。カウンターを造り付けておくとスタディーコーナーとしても利用できますし、子どもが使用しない時はパソコンスペースとしても利用できます。広さに限りのあるスキップフロアは壁の厚みを利用した壁厚収納を取り入れ、本棚やおもちゃの収納スペースを確保しておくのもいいでしょう。

くつろぎスペースと作業スペースとリビングを緩やかにゾーニングして、より暮らしやすい空間造りを行いましょう。

リビングにスキップフロア はコメントを受け付けていません